title

    Youtube、LiveLeak、ニコニコ動画で楽しい面白いWTFな動画を集めてます。

    タグ:バイク

               
    title image 動画1:30くらいから。 左から追い越しかけてた単車の前に合流車が現れて ギリギリトラックとの間を通って回避。 車も安全確認不足だけど、、、高速で左から抜くのは怖いな・・・・
            
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

               
    title image 主がニコ動にあげた動画を去年末Youtubeにあげたみたい。 バイクで林道走ってたらダンボールの中に子猫沢山・・・ バイクじゃダンボール持ち帰れないから手持ちのカバンで全員お持ち帰り。 こんな人気のないとこに捨てるとか殺すのと一緒だよね。
            
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

               
    title image 最初センターライン上の出っ張った反射板かと思ったけど 穴っぽこらしい。結構な勢いで跳ね上がってクラッシュ。 ライダー装備なら軽傷で済むけど装備なしだと肉が摩り下ろされるからやべぇな。 舗装を信じちゃいけないなー・・・
            
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

               
    title image 地面スレッスレまでバンクさせてる。対向車線にもガンガン飛び出る。 日本でもこういうのを年甲斐もなくやって死亡事故でニュースになってる。 バイクはかっこいいけど公道でこんなん見ても愚かとしか思えないな。 良いバイク買う金あるならサーキット行きなよと常々思う。
            
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

               
    title image 右折レーンの車を右から抜こうとしたバイクと 無意味な直前ウインカーで右折する車の事故。 直前ウインカーすげー多いよなー・・・免許持たせちゃダメだろ。
            
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

               
    title image タンクが溢れたのに気づかず給油し続けた結果。 こぼれたガソリンがマフラーまで広がっていって着火。 バイクとライダーに燃え移る。 着火の瞬間が無駄に綺麗に映ってる。 これから静電気の季節。セルフは気をつけないとな・・・
            
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

               
    title image あんま速度出てないのかな。見た目はそこそこ出てそうだけど。 ピッタリくっつき過ぎて追突するとかトラックの中に突っ込むとかするかと見てたら、 後ろに捕まって乗ってる男性のズボンを降ろして逃げてったw フィリピン楽しそうだなー運転は絶対したくないけど。
            
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

               
    title image 雨の中タンデムするとやっぱフロントが食いつき悪くて滑るのかな。 二人共ライダー用のスーツ着てたからダメージは少なそう。 これが半袖短パンだったらどんだけお肉が削ぎ落とされるのかと思うと、 鳥肌立つな・・・ 反対車線に飛んでかなくて良かったなぁ。
            
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

               
    title image 遮断機が降りて遮断桿を押して無理やり通ろうとしたバイク。 しかも3人乗り?線路内で転倒した直後に電車がやってきて、 そのまま跳ねられてしまう。撮影地が書いてないのでどこかわからない。 運転手が可愛そうだなぁ・・・
            
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

               
    title image パレードの中、粋がって俺カッコイイって無謀運転する42歳おっさん。 スタイルの良いお姉さんが跳ね飛ばされてしまう。 こういう想定できない事故とか怖いなぁ。 映像途中で止めたりするとなんかエグいのが見えた気がしたけど見なかったことにする。
            
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr



    このページのトップヘ